トップメッセージ

取締役社長 松尾裕二

心にいつも楽しさを

チロルというブランドができて50年以上経ちますが、時代に合わせて味やデザインなど様々な変化がありました。これからも時代に合わせて、変化し続けなければいけません。これまでのチロルチョコとこれからのチロルチョコは、もしかしたら全く違うものになるかもしれない。ですが、その中でひとつだけ変えてはいけないことがあると思っています。それは「楽しさ」です。

働いているみんなが楽しいと思える環境から楽しいチロルチョコが生み出され、その商品を手にとっていただいたお客様に楽しさが伝播していく。この楽しさの伝播こそが、チロルチョコの持つ力ではないかと感じています。

チロルチョコが持つ無限の可能性に情熱を注ぎ、お客様に楽しさが伝わる様にこれからも日々の仕事を楽しんでいきたいと思います。