チロルのひみつ
ロルチョコが初めて作られたのは、1962年(昭和37年)。当時、まだまだ高級品だったチョコレートを、独自の製法により、1つ10円というウレシイ価格での発売に成功、またたく間に子供たちの人気者となったのです。
すがこのチロルチョコ、今と形がちょこっと違います。というのも、もともとチロルは「3つ山」の形をしていたのです。ちょうど現在10円で売られているサイズのものを横に3つつなげた形ですね。
の後、ゆれうごく日本経済の流れの中で、10円という価格を見直さざるをえなくなってしまったため、とうとう1974年には20円に、そして1976年には30円にと価格の改訂がおこなわれました。
の後、やっぱりチロルは10円!!と、1979年には「3つ山」を「1つ山」にし、再び10円での販売を開始、おなじみのチロルチョコの形となりました。
して、1993年、チロルチョコはコンビニエンスストアやスーパーマーケットで販売されることが多くなり、バーコード表示を入れる事のできない小さい10円サイズのほかに20円サイズのチロルチョコを発売しました。

TOPページに戻る